あくびをすると涙が出る理由は?秘密は○○にあった!


「あくびをすると、
 なんで涙まで、一緒に出てくるんだろう?」


あくびをする女性

なんて疑問を、抱いてませんか?


あくびって、ガマンしていても、
どうしても「フワ~ッ」って、
出ちゃうことがありますよね^^;

で、大事な会議中など、人に見つかったら
ヤバいときには、とっさに後ろや下を向いて、
あくびをしているのを、隠すんですが…

上手くその場をしのいだ!と思っても、
そのあとで、涙がポロリと、
目頭から、こぼれ落ちたりすると、


「あっ、今コイツ、隠れてあくびしたな…」


なんていう、冷たい視線を浴びせられて、
身の縮こまる思いをするわけです。。

スポンサーリンク



そこで今回は、あくびをすると、
同時に、涙があふれ出てくる理由
について、
まとめました。


あくびで涙が出る理由は?まずはこれを覚えよう!


瞳のイラスト

まず、大前提として、
頭に入れておいて欲しいのは…

私たちの、目の上あたりには、
「涙腺(るいせん)」という、普段から、
涙を溜めている場所があるんですよね。


で、あなたが、まばたきをする
(=目を閉じる)と、この涙腺が、
「ギュッ!」と刺激され…

溜まっていた涙が、目の中に流れてきます。


ちなみに、この涙は、


  • 眼球を、キレイに洗ってくれる
  • 目が乾燥するのを、防いでくれる
  • 目がスムーズに動くのを、助けてくれる

こういった、とっても重要な役割
果たしてくれているんですよ^^


スポンサーリンク




で、通常こうやって出てきた涙は、
目頭のあたりに空いている、穴を通って、
鼻の方へと、スーッと抜けていくんですよね。

なので、感動したりして、涙腺から、
メチャメチャ大量の涙が出てきたとき以外は!

滅多なことで、
目から涙があふれるようなことはありません


ではなぜ、あくびをしたときに限って
目から涙が、ポロッと出てきてしまうのでしょうか?


あくびをしているときの、顔の筋肉に注目!


あくびをする女性

ここで、注目してほしいのが、
あくびをしているときの、顔の筋肉の動き方。

ただ単に、まばたきをするときと
比べてほしいのですが…

あくびをしているときって、



  • アゴの筋肉
  • ほっぺたの筋肉
  • こめかみまわりの筋肉


など、顔中の筋肉が、無意識のうちに、
「キュッ!」と、緊張して縮こまっているんですよね。

で、それと同時に、涙の(目頭から鼻への)
通り道も、「キュッ!」と塞がれてしまうんです^^;


すると、涙腺から出てきた涙は、
たとえ少量でも、鼻の方へ流れていくことができずに、
どんどん目の中(目頭のあたり)に溜まり…

最終的には、目からポロッと、
こぼれおちる。。

これが、あくびをすると涙が出てくる、
理由なんです!


まとめ


と、こんな感じで今回は、あくびをすると、
それと同時に、涙も出てくる理由
について、
まとめてきました。

この記事でご紹介したことを体感するには、
一度、カラあくびでもいいので、
実際に、あくびをしてみることですね。

ただ単に、まばたきをした場合と比べて、
顔中の筋肉が、「キュッ!」と緊張するのが、
良く分かると思いますよ^^

スポンサーリンク

Pocket

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ