甲子園の土はどこから来てる?ブレンドの割合が季節で違う?


「甲子園球場の土って、どこから持ってきてるの?
 いろいろと、ブレンドしてあったりするの?」


なんて疑問を、抱いてませんか??


甲子園の土 どこから


高校野球の球児たちが、泣きじゃくりながら、
両手でかき集め、巾着袋にせっせと入れている
イメージの強い、甲子園の土!

私は子供の頃、あんなにみんなが持って帰ったら、
そのうち、甲子園球場から土がなくなっちゃうよ~
なんて心配をしながら、見ていました。笑


と、それはともかく、


  • 甲子園の土はどこの土を、持ってきているのか?

  • 土のブレンドは、どんな割合になっているのか?

  • あの土を、販売しているトコロってあるの?


など、甲子園の土に関する疑問って、
結構、いろいろとあったりしますよね。


そこで今回は、知っていると、
高校野球&プロ野球観戦が、ますます
楽しくなること間違いなし!

甲子園の土に関するトリビアを、
甲子園球場のホームページに記載されている
情報などをもとに、まとめました。

スポンサーリンク



甲子園の土はどこから来てる?


甲子園の土 どこから01


甲子園の黒土の産地は、


  • 岡山県日本原
  • 三重県鈴鹿市
  • 鹿児島県鹿屋
  • 大分県大野郡三重町
  • 鳥取県大山


などの土をブレンドして、作られています。


こうしてみると、さすがに
産地は、西日本に固まっていますが、
鹿児島や三重にもあったりして、


「えっ!?ウチの近くの土が、
 甲子園の土として、使われてるじゃん!」



と、ビックリした方も、
いらっしゃるのではないでしょうか^^


で、この黒土に、中国の福建省(ふっけんしょう)
で採取した砂を、ブレンドすることによって、
甲子園の土が生まれるのです。


なので、「甲子園の土はどこから来てる?」
という質問に、シンプルに答えるなら、


「西日本の各地から集めた黒土と、中国の砂を
 ブレンドしたものが、甲子園にやってくる!」



とするのが、個人的にはしっくりきますね♪


スポンサーリンク



甲子園の土のブレンドに関する秘密とは?


甲子園の土 どこから


で、この黒土と砂のブレンドの割合なんですが、
実は、春と夏(高校野球で言えば、センバツと
選手権大会)で、違いがあるんですよね。


具体的には、春(選抜大会の時期)は、
若干雨の日が多いため、砂を多め
ブレンド。

一方、夏(選手権大会の時期)には、
選手や観客、審判からボールが見やすいよう、
黒土を多めにブレンドしているんです。


昔から、夏の甲子園の黒土に白球が
キレイに映えるのは、燦燦と照りつける
夏の太陽のおかげだと思っていましたが…

実は、黒土のブレンドの割合が、
物理的に多かったんですね^^


甲子園の土って販売されているの?


甲子園の土 どこから03


で、以前はマニア向けに販売されていた
こともある、甲子園の土ですが…

現在では、ネットで気軽に入手できる、
といったことは、残念ながらできないようです^^;


まあ本来、甲子園の土それ自体に
価値があるわけではないですし、


「甲子園に出られなかった、高校球児の
 ためにも、甲子園の土の販売を!」



といった声も、あるようですが、
自分が球児だったら、甲子園の土を
通信販売などで手に入れるよりも…

高校生活、最後の試合となった、
「実際にプレーした」地方球場の土(砂)を、
そっと、ひとすくいだけ持って帰って、


ビンなどに入れて飾り、それを眺めながら
思い出に浸ったり、やる気を出したり、
といったことをした方が!

よっぽど、今後の人生のためになって、
いい気がしますけどね^^


スポンサーリンク



まとめ&土を初めて持って帰ったのはあの名選手!


今回は、「甲子園の土はどこから来てる?」
などといった、甲子園の土に関する素朴な疑問
&トリビア
について、ご紹介してきました。


最後にもう一度、今回の記事の内容を
ギュッ!と凝縮して、まとめておくと、
こういったカタチになりますね^^


  • 甲子園の土は、西日本各地の黒土と、
    中国・福建省の砂のブレンド!

  • ブレンドの比率は、春は砂の割合が、
    夏は黒土の割合が、多くなっている

  • 以前、マニア向けに甲子園の土が
    販売されていたことがあった


ちなみに、甲子園の土を初めて持って帰った
人物は、あの伝説の大打者・川上哲治さんだ、
という説もあるんですよ。


「打撃の神様」は、甲子園の土なんかには
無頓着なイメージがありますが…

実は、川上さんこそ、我こそはと率先して、
土を持って帰っていたんですね。笑

スポンサーリンク

Pocket

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ