駒澤大学・今永昇太(ドラフト2015候補)の動画をチェック!

「駒澤大学の、今永昇太くんって、
 どんなピッチャーなのかな?」


2015ドラフト候補・今永昇太(駒澤大学)

なんて疑問を、抱いてませんか?


先日ご紹介した、早稲田の吉永健太朗投手に続き、
今回取り上げる、大学生のドラフト2015候補は、
駒澤大学のサウスポー・今永昇太投手!

MAX148km/hの、ノビのあるストレートを武器に、
大学のリーグ戦では、三振の山を築いている
今永投手の、


  • 出身高校などの基本情報
  • ピッチングフォーム動画
  • プロ入り後の将来像

それぞれについて、順番に見ていきましょう^^

スポンサーリンク



今永昇太投手(駒澤大学)って、どんなピッチャー?



今永昇太(いまながしょうた)

  • 所属大学 :駒澤大学
  • ポジション:ピッチャー
  • 利き手など:左投げ左打ち
  • 身長・体重:178cm・78kg
  • 出身高校 :北筑高校(福岡)
  • 出身地  :福岡県北九州市


福岡の公立進学校である、北筑高校時代から、
その素質に注目が集まっていた、今永投手。

駒澤大学進学後も、
その能力・才能を、着実に開花させ…

3年秋には、神宮大会で優勝を果たすなど、
チームのエースとして活躍しています。


で、そんな今永投手の武器は、何といっても、
最速148キロを誇る、ノビのあるストレート。


このストレートに、


  • カットボール気味に、横滑りするスライダー
  • もう1種、縦方向に曲がるスライダー
  • カウントの取れる、大きく縦に割れるカーブ
  • チェンジアップ


と、本格派左腕と呼ぶにふさわしい、
王道(?)変化球を織り交ぜたピッチングで、
三振の山を築いていきます。


今永昇太投手の、ピッチングフォームを動画でチェック!


で、続いて、今永投手の投球フォームを
収めた、動画がこちら。↓



この動画は、先ほどもチラッと触れた、
3年秋の神宮大会でのモノ。

2014年のドラフト会議で、広島東洋カープから
1位指名された、野間峻祥外野手との勝負の模様
(全4打席)が、収められています。


こう見てみると、テイクバック時の左手の位置は、
ホークスから大リーグへと、活躍の場を移した、
左腕・和田毅投手とカブるところがありますね。


一時期(大学2年時)、制球が定まらず、
調子を崩したことも、あったようですが…

この動画を見る限り、ピンチで野間選手のような
好打者と対峙しても、しっかりと腕が振れており、
全体的な、投球の完成度の高さも感じられます。


スポンサーリンク



今永昇太投手の、プロ入り後の将来像は?


素晴らしいストレートと、クセのない
綺麗な、投球フォームの持ち主であることから…

まずは当然、プロでも先発ローテ入り
目指して、まわりの投手たちと
競争を繰り広げることでしょう。


また、動画を見ても分かるとおり、
腰の回転が鋭く、体の横回転を上手く使って、
ボールを投げているので…

先発ローテ入りが叶わずとも、
特に、対左バッター用の中継ぎとしても、
活躍が期待できそうです。


大学こそ、東都リーグの駒澤大学所属ですが、
出身は福岡県北九州市、高校も同じ福岡県の
北筑高校卒ということで…

福岡県に本拠地をおく、ソフトバンクが、
今永投手を、上位指名しそうな予感が、
今からプンプンしますね^^


今永投手が、プロ入り後、どんな投手に
成長を遂げていくのか、ドラフト後も
期待を持って、見守っていこうと思います♪


なお今回ご紹介した、今永投手のほかにも、
大学生には、プロ入り後が楽しみ
ドラフト候補たちが、数多くいます!

以下の記事で、そんなドラフト候補の選手たちを
ランキング形式でご紹介していますので、
ぜひ、この機会にチェックしてみてくださいね^^

⇒2015年のドラフト候補ランキング(大学生編)を
 チェックするには、こちらをクリック!

スポンサーリンク

Pocket

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ