星兼太(日本文理・ドラフト2015候補)の動画をチェック!


「ドラフト候補の、星兼太くんって、
 どんなバッターなのかな?」


2015ドラフト候補・星兼太(日本文理)

なんて疑問を、抱いてませんか?


前回の、高橋純平投手(県岐阜商)に続き、
今回ご紹介する、2015年のドラフト候補は、
新潟・日本文理高校の星兼太外野手。

中学時代から、日本代表として活躍し、
今も、プロのスカウトからの
注目を集めている、星くんの、


  • 基本情報
  • 動画チェック
  • 今後の課題


それぞれについて、くわしく見ていきますよ^^

スポンサーリンク



星兼太外野手って、どんなプレーヤー?



  • ポジション:外野手
  • 利き手など:左投げ左打ち
  • 身長・体重:177cm・73km
  • 所属   :日本文理高校(新潟)
  • 経歴など :リトルシニア日本代表
  • 出身   :新潟県見附市


中学時代には、リトルシニアの日本代表として
全米選手権に出場し、そこで日本チーム唯一の
ベストナインに選出された経験もある、星選手。

日大三(西東京)や、浦和学院(埼玉)の誘いも
受けましたが、地元・新潟県の強豪、
日本文理高校に進学すると、1年生から試合に出場。

長打力とミート力を兼ね備えた、
左の強打者として、チームを引っ張り続けています。


2年生の夏の甲子園で、佐野皓大投手(大分高)
から放った、ライトスタンド中段に飛び込む
特大ホームランは、衝撃的でしたよね^^

ちなみに、佐野投手は2014年の
ドラフト会議で、オリックス・バファローズから
3位指名を受けています。


星兼太のバッティングを、動画でチェック!


で、そんな星兼太選手のバッティングフォームを
おさめた動画が、こちら。↓



この動画以外にも、さまざまな試合での
星選手のバッティングをチェックしていて、
一番印象に残るのは…

外角の球を、キレイにとらえて、
レフト方向に長打を放つ場面。


しかも、ボールを素直に打ち返すのではなく、
内角・外角関係なく、力強いスイング
思い切り打ち抜いているのが、ポイントです。

昔、読売ジャイアンツやメジャーリーグの
ヤンキースなどで活躍した、松井秀喜さんが、


「外角の球を、レフト方向に引っ張る」


という、独特な言い回しをしていたのを
覚えていますが、星選手の外角球の打ち方は、
まさにそんなイメージですね^^


スポンサーリンク



星謙太の、今後の課題は?


で、高校生レベルなら、もう文句なしに
超一流バッターといえる、星選手ですが、
これから先、もっと上を目指すなら、


  • スイングの始動が遅い
  • 内角球に差し込まれやすい


この2つが、課題としてあげられます。


課題1. スイングの始動が遅い


星選手の、バッティング動画を観ていて、
気になった課題の1つが、この(スイングの)
始動の遅さ。

具体的には、相手ピッチャーが上げた足
(=軸足とは逆の足)を、前に踏み込んでいく
あたり
から、タイミングを取り始めています。


これだけ始動が遅いと、高校生レベルの球なら
まだしも、プロの速くて重いストレートを
打ち返すのは、至難のワザ。

もう少し、スイングの始動を早め、
ゆったりとタイミングがとれるようになると、
さらにスケールの大きい打者になれるはずです^^


左バッターのシルエット


課題2. 内角球に差し込まれやすい


そして、もう1つの課題が、外角の球を
強く打ち返せるのとは裏腹に、内角球に
差し込まれやすそうな、打ち方をしていること。

具体的には、スイングに入る直前に、
右肩が、グッと内側に入り込んでしまうので、
スムーズにバットが出てきていません。


これも、高校生レベルであれば、
特に大きな問題は顕在化しないまま、
バッティングを、続けられるでしょうが…

さらに、上のレベルで活躍をしようと
思ったら、まだまだ改善の余地がありますね。


それでも、星兼太選手には期待したい!


で、こういった課題の内容や、
走塁や肩に関しては、決して飛びぬけた
能力の持ち主ではない、ということから…

星選手に関しては、高卒でプロ入りするよりも、
大学or社会人に進んで、そこでレベルアップを
図るべき、という声も少なからずあります。


でも、個人的には星選手には、高校から
そのままプロに進み、数年後、外野の定位置を
ガッチリとつかみとることを期待したいですね。

というのも、最近は、高卒外野手が
プロの舞台で活躍するのをなかなか見ないため、
星選手に、ぜひともそれを実現させてほしいから。


高校から外野手で、そのままプロ入りし、
レギュラーをつかんだ選手って、
意外と少ないんですよね。

自分の頭に、
パッと浮かんでくる範囲だと、


  • 前田智徳(熊本工→広島)
  • 多村仁(横浜高校→横浜)
  • 栗山巧(育英→西武)


こんな感じでしょうか。

他は、高校時代別のポジションをやっていて、
プロ入り後、外野に転向したり(ex.福留孝介)…

大卒・社会人出身で、プロ入りしたり
(ex.高橋由伸・長野久義)というパターンが
多いんです。


ちなみに、まだまだこれから
(=若手)という、高卒でプロ入りした
生粋の(?)外野手には、


  • 高橋大樹(龍谷大平安→広島)
  • 上林誠知(仙台育英→ソフトバンク)


といった選手がいます。


と、最後は少し本題から外れ気味
話になってしまいましたが…

星選手には、ぜひ高卒でプロ入りし、
打てる外野手として、活躍してくれることを
期待したいと思います!


なお、今回ご紹介した星くんのほかにも、
高校生には、将来が楽しみなドラフト候補
たくさんいます!

以下の記事で、そんなドラフト候補の選手たちを
ランキング形式でご紹介していますので、
ぜひ、この機会にチェックしてみてくださいね^^

⇒2015年のドラフト候補ランキング(高校生編)を
 チェックするには、こちらをクリック!

スポンサーリンク

Pocket

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ