東京ガス・山岡泰輔(ドラフト2016候補)の動画をチェック!


「東京ガスの、山岡泰輔くんって、
 どんなピッチャーなのかな?」


2015ドラフト候補・山岡泰輔(東京ガス)

なんて疑問を、抱いてませんか?


今回ご紹介する、2016年の社会人の
ドラフト候補は、東京ガスに所属する、
山岡泰輔投手。


高校時代には、Twitter上でですが
ダルビッシュ有投手に、


「動画見たけど、これは一番だわ」


と、そのピッチングを
絶賛されたこともある、山岡投手の、


  • 基本情報
  • ピッチング動画
  • プロ入り後の将来像


それぞれについて、
順番に見ていきましょう^^

スポンサーリンク



山岡泰輔くんって、どんなピッチャー?



山岡泰輔(やまおかたいすけ)

  • 所属チーム:東京ガス(社会人)
  • ポジション:ピッチャー
  • 利き手など:右投げ左打ち
  • 身長・体重:172cm・70kg
  • 出身高校 :瀬戸内(広島)
  • 生年月日 :1995年9月21日


山岡泰輔投手は、MAX150km/hの直球
縦に鋭く曲がり落ちる、伝家の宝刀・
スライダーという、2つの球種を軸に、


  • カウントのとれる、横スライダー
  • ブレーキの利いた、カーブ
  • カーブに似た軌道で落ちる、チェンジアップ
  • カットボール


これらの、多彩な変化球も絡めながら、
バッターから、数多くの三振を奪っていく、
右の本格派ピッチャーです。


高校3年の夏には、広島県大会決勝で、
広島新庄・田口麗斗投手(現巨人)との、
再試合にまでもつれこむ、白熱の投手戦を制し!

見事、甲子園出場を果たしたのは、
野球ファンなら、多くの人が
知るところですよね^^


で、甲子園では、初戦の明徳義塾戦
惜しくも破れてしまったのですが…

その映像を見た、ダルビッシュ有投手が、
ツイッターで、冒頭のようなつぶやき
したことで、注目度は一気にアップ!


スポンサーリンク




プロ入りへの期待も高まりましたが、
結局、山岡投手は、プロ志望届は提出せず、
社会人野球の、東京ガスへと進みました。


で、東京ガスに進んだあとも、
入社1年目から、公式戦のマウンドに立ち、
経験&実績を積み重ねるとともに…

ストレートの球速が、さらにアップするなど、
着実に成長を遂げています。


2014年秋には、第1回21Uワールドカップの
日本代表にも選ばれ、そこで侍ジャパンの
守護神としても、活躍していましたね^^


山岡泰輔投手の、ピッチング動画をチェック!


そして、そんな山岡泰輔投手の、
ピッチングフォームを収めた動画が、こちら。

(プロアマ交流戦・対巨人戦のものです)


高校時代は、この動画よりもさらに
テイクバックが大きく、東北楽天の
則本昴大投手に、似た投げ方だったのですが…

少しフォームを修正したのか、
テイクバックの大きさは、以前よりも控え目


逆に、左足を上げてから、ボールを
リリースするところまでのフォームには、
高校時代以上の、躍動感が生まれ…

この動画を見ると、まるで
全盛期の、西武・西口文也投手のようです。

ちょっと、仙台育英時代の由規投手
(現ヤクルト)にも似ていますかね^^


ピッチャーのシルエット


で、直球のノビと、縦スライダーのキレは
もちろんのこと、動画を見ていても、
横スライダーで、カウントを稼いでいたり…

カーブで、打者を打ち取っていたりと、
ジャイアンツの二軍相手に、素晴らしい
ピッチングを披露していますね♪


また、この動画には出てきませんが、
牽制フィールディング能力も
高いのも、山岡投手の魅力の一つです。


山岡泰輔投手の、プロ入り後の将来像は?


高校時代から、プロのスカウトの
注目を集めてはいましたが、172cmという、
野球選手としては低い身長が、


「超高校級ピッチャー現る!」


とまでは、騒がれなかった、
大きな理由でしたよね^^;


野球のバット・ボール・グローブ


しかし、先ほどもチラッと触れたとおり、
ストレートの球速が、社会人に進んだあと、
ついに150キロの大台に乗ったので!

もう、身長なんて関係なしに、
山岡投手が欲しくてたまらない
プロの球団は、数多く存在するでしょう!


ちなみに、身長が低くても活躍している、
プロの投手には、以下のような選手達がいます。

選手名球団名身長
石川雅規ヤクルト167cm
谷元圭介日本ハム167cm
美馬学東北楽天169cm
武田久日本ハム170cm
森福允彦ソフトバンク172cm
高橋朋己埼玉西武173cm
長谷部康平東北楽天173cm


個人的には、山岡投手も上記の投手たちと
同じくらい、もしくはそれ以上の実績を、
プロで残せるんじゃないかと思ってますね^^


スポンサーリンク




で、プロ入り後の将来像としては、
チーム事情によって、先発中継ぎ
どちらも任せられそうなのが、山岡投手の魅力。


で、もし中継ぎ・セットアッパーとして
起用されるようなら、個人的に注目したいのは、
アマチュア時代と同じように!

バッターの右左に関係なく、
インコースの、厳しい所を、
ガンガン攻められるかどうかですね。


というのも、山岡投手の生命線って、
直球&スライダーもそうなんですが、
実は、内角への制球力だったりするんです^^


強打者に対しても、内角の厳しいところに
きちんと投げ込めるが故に、その球でカウントを
稼いだり
、詰まらせてアウトにするのはもちろん!

内角に投げたつもりが、中に甘く入って、
手痛い一発(or長打)を浴びる、なんてことが
滅多にないのが、山岡投手のスゴイところ。


ピッチャーのイラスト


果たして、このインコースへのボールが
プロの、一軍レベルのバッターにも
通用するのかどうか。

これが、山岡投手がプロの世界で、
一流になれるかどうかの、
大切なポイントになると思います。


ということで、
山岡投手が、ドラウト会議で指名され、
プロに進んだら


  • 直球&スライダーが、どこまで通用するか
  • 牽制&フィールディングは、いかなるものか
  • アマチュア時代同様、強気に内角を突けるか


この3点に要注目ですよ♪

スポンサーリンク

Pocket

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ