穴子の寿司の種類は?定番モノから変わりネタまで!


「穴子の寿司の種類って、どんなのがあるかな?」

穴子寿司

なんて疑問を、抱いてませんか?


身がふ~んわりと柔らかく、上に塗る、
ツヤのある甘辛い煮ツメとの相性も抜群の、
穴子(あなご・アナゴ)のお寿司

基本的にお寿司って、食欲のないときでも、
あっさりと食べやすいのが、特徴だと思うんですが…

中でも、この穴子はより食べやすくて、
ネタの途中に挟むと、さらに食欲を
ググッ!と、アップさせてくれます


で、この穴子のお寿司、今説明したような
煮ツメを塗って食べるモノの他にも、
いくつか種類があるんですよね。

そこで今回は、定番のネタから、普段あまり
味わうことのない、ちょっと変わったネタまで、
穴子の寿司の種類について、まとめました。

スポンサーリンク



穴子の寿司の種類!代表的なのはこの3つ!


ということで、今回ご紹介する、代表的な
(といっても、きっと目新しいモノもありますよ!)
穴子の寿司の種類は、以下の3つ



  1. 煮穴子
  2. 白焼き
  3. あなきゅう


1種類ずつ、順番に見ていくことにしましょう。


その1. 煮穴子


煮穴子のお寿司

まず、はじめにご紹介するのは、


「穴子(あなご・アナゴ)の寿司」


と聞いたら、きっとコレを想像する人も
多いであろう、煮穴子


穴子を、


  • 醤油(しょうゆ)
  • みりん
  • 砂糖


で柔らかく煮て、味を染みこませた、
まさに、定番&鉄板の寿司ネタです。

このまま食べてもおいしいですが、
煮ツメ(甘ダレ)を塗って食べるのも、
また絶品ですよね^^


煮ツメは、店によって味が異なるため、
いろいろなお寿司屋さんを回って…

穴子の(というか、煮ツメの?)食べ比べ
する人も、多かったりするんですよ^^


その2. 白焼き(しらやき)


穴子の白焼きのお寿司

続いてご紹介するのは、
穴子の白焼き(しらやき)

さばいた穴子を、そのまま白焼きにして、
煮ツメを塗ったり、塩を付けて食べる、
穴子本来の味が楽しめるネタです。

最近では、柚子を使うお寿司屋さんなんかも
出てきたりして、少しずつ創作チックなお店も
増えてきましたね。


ちなみに、先ほどから名前が多く出てきている
煮ツメ、お寿司屋さんで作られるときには、
穴子を煮た時の煮汁を使っていることが、多いです。

というのも、煮汁の中には、
穴子の旨味やコク、そして脂が、
程よい感じに溶け出しているんですよね。

これに醤油やみりん、砂糖を加えて煮込むと、
甘辛さがクセになる、おいしい煮ツメが
出来上がるんです。


お寿司屋さんで作られる煮ツメは、
老舗の、うなぎ屋さんのタレのように、
何年も継ぎ足されてきているので…

濃厚で、旨味がギュッ!と凝縮された
最高の煮ツメになっていますよね^^


その3. あなきゅう


スポンサーリンク




そして、最後にご紹介するのは、
こちらはあまり耳に馴染みのない方も
多いかもしれない、あなきゅう

コレは、江戸前寿司が発祥の、
もちろん、穴子を使ったお寿司で…

穴子を、瑞々しいきゅうり(キュウリ)
一緒に巻いた、巻き寿司のこと。


きゅうりの瑞々しさと、
シャキシャキッとした食感が、
穴子の味の濃さを、見事に抑えてくれるので!

特にお年を召した方や、食欲がまったくないのに
おすし屋さんに来た!なんて方に、
ぜひ食べてもらいたい、さっぱりしたネタです^^


ちなみに、お寿司はもちろんのこと、


  • 穴子めし
  • 天ぷら
  • (卵でとじた)あなたま丼


など、さまざまな食べ方が楽しめる、
絶品のふわトロ穴子があるので、
こちらにご紹介しておきますね^^



煮詰め(タレ)も、もちろん
添付されていますが、家で作る場合は、



  • 醤油(しょうゆ)
  • みりん
  • 砂糖


を同じ量ずつ(オススメは大さじ2ずつ!
鍋に入れて弱火にかけ、煮詰めるだけでも、
おいしい甘ダレが作れますよ^^

うなぎの蒲焼きにも使えて、
汎用性もバツグンです♪


まとめ


いかがでしたでしょうか。

今回は、穴子の寿司の種類について、
代表的なものを3つあげて、
ご紹介してきました。


新鮮な魚をさばいて握るだけでなく、
「煮る」という、ひと手間がプラスされるため…

お寿司屋さんの個性が、より前面に
出てくるのが、こういった穴子などの、
煮物ネタ。

お寿司屋さんにいったら、こういった
煮物ネタを、最低でも1つは頼んで、
店ごとの味の違いを、存分に楽しみたいものです^^

スポンサーリンク

Pocket

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ