甘いものがやめられないのは病気!?依存から抜け出すには?


「甘いものを、食べるのがやめられない…
 この状況から、何とか抜け出したい!」


なんて、苦しんでませんか?


苺のショートケーキ


甘いものには、アルコールやタバコ、
あるいは、恋愛のような中毒性があるから、
一度ハマるとなかなか抜け出せませんよね。


でも、甘い物をずっと食べ続けていると、


  • うつ病
  • 貧血
  • 冷え性
  • 骨粗しょう症


といった病気・症状が出やすくなりますし、
もっとヒドくなると、肌が痒くてボロボロに
なったり…

気づいたら、甘いもののことを考えていて、
なかなか仕事や勉強に集中できない、
なんていう依存状態に陥ってしまいます。


これでは、せっかく私たちを
ハッピーにしてくれる、天使のような
存在だったはずの甘いものが…

いつのまにか、あなたを苦しめる
悪魔のような存在へと変わってしまい、
本末転倒ですよね^^;


もし、今あなたがそのような状況に
陥っているのなら、正直、
かなりヤバいです。。


そこで今回は、
「甘いものがやめられない病」
かかっているあなたのために…

その病(やまい)を治すためにできる、
5つの方法
をご紹介していきます。

スポンサーリンク



甘いものがやめられない病気から脱出する5つの方法


1. 物理的に甘いものを遠ざける


家に、袋買いの徳用チョコレートや、
大型ペットボトルに入ったコーラなどが
常備されているなら…

それらは、キッパリと辞めてしまい、
まずは物理的に、甘いものをあなたの
そばから遠ざけてしまいましょう。


これを聞くと、甘いものをやめられない
人たちの中には


  • 「そんなことしたら、
     気持ちが、落ち着かなくなっちゃうよ!」

  • 「それより、もっと自然なカタチで、
     甘いものを食べる量を、減らしていきたい」


こんなことを仰る人たちもいますが、
冒頭でも述べたとおり、甘いものには、
凄まじく強い中毒性があるんですよね。

ですので、一度
「甘いものがやめられない病」に
かかってしまったら、克服するために、


「それ相応の努力をすること」


が、必要になってきます。


それだけ、「甘いものがやめられない病」
は、あなたの心や体を、知らないうちに
蝕んでいるのです。


スポンサーリンク



2. 他の好きなものを食べる


甘いものを食べたくなったら、
代わりに、他のものを食べて、
まずは、食欲を満たしましょう。

何でもよいので、甘いものに代わる
食べ物を見つけるだけで、症状を
少しずつ改善することができます。


個人的には、カシューナッツや
アーモンドなどのナッツ類や、バナナや
みかんなどの、果物類がおすすめですね。

特に、袋入りのミックスナッツや、
バナナは、思い立ったときに手軽に
すぐ食べられる
ので、イチオシです^^


バナナのイラスト

3. 他の行動をとる


また、甘いもののことが頭に浮かんだら、
「食べる」以外の、他の行動をとることでも、
症状を改善することができます。

外の空気を吸う、軽くカラダを動かす、
声を出して歌う、などといった行動が
コレに該当しますね。


4. 甘いものを思い出す行動を減らす


「甘いものがやめられない病」を
克服するためには、


「甘いものを食べるのをやめる」


という目標を達成するために、


「甘いもののことを、思い出す時間を減らす」


ということが、すごく重要になってきます。


ですので、会社や学校の休み時間に、
新作スイーツが、ずらりと並ぶ
コンビニに、ふらっと立ち寄ったり…

新商品のお菓子についての情報が
溢れている、テレビや雑誌を見るのは、
一切やめてしまうのがイチバンです。


スポンサーリンク



5. 甘いもののことを考えている自分を自覚する


ココまでご紹介してきた、
「甘いものがやめられない病」を
克服する、4つの方法を実行しても…

初めのうちは、いつのまにか
つい、甘いもののことを考えていた、
なんてことがよくあるでしょう。


そんなときは、ソレをきちんと
「自覚」してあげることが大切です。

「自覚」するだけで、甘いものに
夢中になっている(あるいは依存している)
という、自分自身を見失っている状態から…

自分と甘いものの関係を、客観的に
見られる状態
に、あなた自身の意識を
チェンジすることができますからね^^


まとめ&最後に伝えたいこと


ということで、今回は、
「甘いものがやめられない病」
かかって、苦しんでいるあなたのために…

その状態から抜け出すための方法を、
全部で5つ、ご紹介してきました。


最後にもう一度、その5つの方法について
まとめておくと、こういったカタチに
なりますね^^


  1. 物理的に甘いものを遠ざける
  2. 他の好きなものを食べる
  3. 他の行動をとる
  4. 甘いものを思い出す行動を減らす
  5. 甘いもののことを考えている自分を自覚する


甘いものの中毒性は、ものすごく
強力なため、あなたが上の5つの方法を
試しているあいだも、


  • 「そんな行動をしても、どうせムダだ」

  • 「甘いものを食べてしまえば、すぐ楽になるぞ」


といった感じで、あなたを甘いものへと
引き戻そうとしてくるでしょう。


でも、あなたが今回ご紹介した
5つの方法を実行し続けることで、
少しずつ、症状も和らぎ…

気づいたときには、甘いものに
苦しめられている自分とはおさらば。


さらに、冷え性や肌荒れが改善したりと、
副次的なメリットも得られていることに
いつか気がつくことでしょう^^

スポンサーリンク

Pocket

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ