お腹が弱いのを改善する方法は?効果を実感できたのはコレ!


「お腹が弱いのを改善したいんだけど、
 何かいい方法って、ないかな?」


腹痛(人形)

なんて、悩んでませんか?


お腹が弱いと、なんだか、
人生損してる気がしてきますよね^^;

食べたいものを食べたいだけ食べることが
できなくて、どうしても神経質になって
しまいますからね。。


実際に私も、昔はよくお腹を壊していて



  • 冷房のかかったお店に、入るのが怖かった
  • シャツを外に出して歩くのが、怖かった
  • 試験の前日など、「お腹を壊したらどうしよう」
    と、いつも憂鬱な気持ちになっていた


など、たくさんの悩みを抱えていました。


でも、日常の中で少しずつ工夫を積み重ねて
いくうちに、100%ではないですが、
友達や、新しく知り合う人たちの中に…

自分よりも、お腹が弱い人がどんどんと
増えてくるくらい、以前と比べると明らかに、
お腹の弱さが、改善されてきたんですよね^^


そこで今回は、私が効果を実感済みの、
お腹が弱いのを改善するためにできる、
ちょっとした工夫
について、まとめました。

スポンサーリンク



ちょっとした工夫で、お腹の弱さが改善!?


ということで今回ご紹介する、
私が実際に試して、効果を実感できた、
お腹の弱さを改善する方法は、以下の3つ



  1. お腹が空いていないときは、無理に食べない
  2. コーヒーは、1日2杯までにする
  3. 早めにトイレに行く、クセをつける


1つずつ、順番に見ていきましょう。


改善法1. お腹が空いていないときは、無理に食べない


ステーキ

これが、私が実践するようにして、
一番効果を実感できた、改善法ですね。

以前は、食事の時間になったら、


「ご飯は、しっかり食べなきゃ!」


っていう義務感があって
多少、お腹が空いていなくても、
ご飯を無理して食べていたんですが…

そうすると、かなりの確率で、
お腹が痛くなったり、お腹を下したり
していたんですよね。


それを、


「今は、お腹が空いてないから、
 無理に食べなくてもいいか!^^」



割り切るようにしたら、
お腹のことが、あまり気にならなくなり、
お腹を下すことも、かなり少なくなりました!


はじめは、友達や恋人に、


「もっと、食べた方がいいんじゃない?」


といった感じで、心配されましたが…

しばらく続けているうちに、相手も
理解してくれるみたいで、そのうち、
自然に受け入れてくれるようになりました^^


やっぱり人によって、消化できる、
食事の量には、個人差があると思うので…

こんな感じで、食欲のないときには、
無理に食べない、っていうのは、
自分のお腹を守るために!

一番大切なポイントなんじゃないかって、
今では、強く思いますね^^


スポンサーリンク




改善法2. コーヒーは、1日2杯までにする


コーヒーとクッキーと本

私は、カフェめぐりが好きで、
当然、コーヒーも大好きな飲み物のうちの
一つなんですが…

あるとき、コーヒーを1日に3杯以上
もしくは、1日に2杯でも、立て続けに
飲んだときには!

お腹を壊す確率が、グン!と上がっている
ことに気づいて、それをやめるように
意識しだしたんですよね。


そうしたら、効果はなかなかのもの!

以前より、お腹がゴロゴロすることが、
かなり少なくなりました^^


このように、コーヒーに限らず
もし、お腹が痛くなってしまったときには、


「さっき、食べたり飲んだりしたのは、
 なんだったかな?」



といった感じで、
自分の食生活を振り返ってみると…

少しずつ、自分のお腹が痛くなるクセ
みたいなのが分かってきて、お腹の弱さが
改善されやすくなると思います。


例えば、


  • 外で、ドリンクを飲むときは、
    氷を抜いてもらう

  • 焼肉や、ステーキを食べるときは、
    しっかりと、中まで火を通す

  • 食べ放題の、バイキングに行ったとき、
    フルーツや、ゼリーを食べる量を、
    意識的に少なくする


こういった工夫をするだけで、
以前と比べて、お腹が痛くなることが、
断然少なくなった!

なんて話は、
まわりから、よく聞きますしね^^


改善法3. 早めにトイレに行く、クセをつける


女子トイレのマーク

そして最後にご紹介する、改善法は、
早めにトイレに行く、クセをつけること。

以前の私の場合、外出すると、
無意識のうちに、トイレをガマンする
クセがついてしまっていて…

知らないうちに、おなかの中に、
余計なものが溜まっていた
なんてことが、よくあったんですよね。


で、これだと、ちょっと冷たいものや、
お腹を壊しやすいものを食べたときに…

お腹の中がスッキリしているときと
比べて、はるかに下痢をしてしまう
ケースが多いことに、気がついたんです。


これに気づいてから、私は、大小限らず、
外に出かけたときにも、ショッピングモールや
コンビニなどで、こまめにトイレに寄って…

余計なものを、お腹の中に溜め込まないよう
工夫するようにしました。


結果、以前と比べて、ちょっとお腹が、
ゆるく感じても、下痢になったりはせずに!

ギリギリちょっと手前のところ
踏みとどまる、なんてケースが増えてきて、
大正解だと思いましたね^^


それから、おまけでもう1つ
私が効果を感じている方法として…

こういった、下痢止めの薬を、
カバンの中に常備しておくだけでも、
心にグッと余裕が生まれて、おすすめですね。



いざとなったら、カバンの中に薬がある、
って思えるだけで、安心感が全然違います^^


まとめ


いかがでしたでしょうか。

今回は、私が実際に試して効果を実感できた、
お腹が弱いのを改善するための、
3つの方法
について、ご紹介してきました。


今回の方法を、そのまま実践、
もしくは、あなたなりにアレンジして、
自分のお腹の調子を確かめてみてください。


「実行→確認→修正→実行→確認→修正…」


と、このサイクルを繰り返すことで、
あなたの腸内環境も、きっとよい方向に、
改善していくと思いますよ^^

スポンサーリンク

Pocket

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ