ガソリンの入れ方!初心者が原付に入れるならこの手順で!


「原付に、ガソリンを入れるときの
 やり方って、どんなの?」


なんて、不安に思ってませんか?

原付バイクのイラスト


原付免許をとって、ウゥンウゥーン!
エンジンをかけ、気持ちよく街を疾走している
時間は、気分爽快で気持ちイイもの!

…なんですが、しばらく走っているうちに、
不安になってくるのが、ガソリンが
減ってきたときの、給油の仕方。


まあ、店員さんがいる
ガソリンスタンド(GS)に行って、


「人生初めての給油なので、入れ方や
 頼み方を、教えてもらってもいいですか?」



なんて感じで伝えれば、スタッフの方が
親切に教えてくれるのは、確実なんですが…

やっぱり、ソレだとちょっと恥ずかしいし、
予め何となくでもOKだから、ガソリンの
入れ方くらいは知っておきたいですよね^^


そこで今回は、原付初心者のあなた必見!

ガソリンスタンド(フルサービス・セルフ)での
ガソリンの入れ方
を、1手順ずつサクサクッ!と
かつ丁寧に、ご紹介していきますよ。


ということでまずは、フルサービス
(=セルフ給油じゃない方)のガソリンスタンド
で給油する場合から、一緒に見ていきましょう♪

スポンサーリンク



原付初心者のガソリンの入れ方!フルサービスのGS編!


フルサービス、つまり店員さんがガソリンを
入れてくれるスタンドで、給油を頼む場合の
手順は、以下の4ステップ。


  1. 店員さんの案内に従って、原付を停める
  2. エンジンを切り「レギュラー満タンで!」
  3. 給油口を開け、店員さんにカギを渡す
  4. 店員さんからカギを受け取り、お金を払う


1ステップずつ順番に、見ていきましょう。


1. 店員さんの案内に従って、原付を停める


ガソリンスタンドの店員さんのイラスト


ガソリンスタンドを見つけたら、
あわてずに、速度を落として進入しましょう。

で、すぐに店員さんが、「こちらで~す」
といった感じで、合図をしてくれたら、
その案内にしたがって、バイクを進めます。


店員さんが忙しくしていたり、見当たらない
場合でも、落ち着いて入口付近で足をついて
待っていれば…

すぐにあなたに気づいて、案内してくれるので、
ドキドキしなくても、大丈夫です^^


給油口の近くまでいけば、店員さんが
「はいOKで~す!」と声をかけてくれるので、
そのあたりに、原付を停止させましょう。


スポンサーリンク



2. エンジンを切り「レギュラー満タンで!」


で、原付バイクを停めたら、
まずすることは、エンジンを切ること。

ガソリンスタンドは、火気厳禁ですし、
エンジンを切ることによって、店員さんの
声も、より聞き取りやすくなりますからね^^


で、特に店員さんが何も言ってこずとも、
こちらから


「レギュラー満タンでお願いします^^」


と、サクッと伝えてしまいましょう。


店員さんも、あなたのその言葉を待っている
コトがほとんどですから、何も緊張することは
ありませんよ♪


3. 給油口を開け、店員さんにカギを渡す


鍵(カギ)のシルエット


店員さんに「レギュラー満タンで」と
伝えたら(あるいは伝えながら)、原付から
降りて、バイクスタンドを立て…

あなたの原付についている
給油口(=ガソリンを入れるトコロ)を、
エンジンキーを使って、開けます。


ちなみに、原付バイクの給油口は、


  • 運転中足を置くトコロ(かかと側が多い)
  • 座席下のヘルメットを入れる場所


このいずれかにある場合が、ほとんどです。


このあたりは、ガソリンスタンドに行く前に
一度、家などで場所&開け方を確認しておくと
より安心ですね^^


で、給油口を開けたら、カギは店員さんに
「お願いします」の一言を添えながら、
スッと差し出してしまいましょう。

こうすれば、ガソリンを入れたあと、
給油口をしっかり閉めた状態で、店員さんが
エンジンキーを返してくれますからね♪


なお、スタンド(店員さん)によっては、
「レギュラー満タンで」と伝えると同時に


「ではカギの方、お預かりしますね~」


と、言ってくれる場合もあります。


その場合は、遠慮なくお言葉に甘えて、
カギを渡せば、給油口を開けるところから
全てやってくれるので、バッチリです^^


4. 店員さんからカギを受け取り、お金を払う


原付バイクは、タンクの容量が少なく、
給油は、あっという間に終わってしまいます。

給油中は、原付から2,3歩離れたトコロ
リラックスして立っていればOKです。


このとき、セルフ給油にチャレンジしようと
思っている方は、何となくで良いので、
店員さんが給油する様子を観察しておくと…

いざ、自分でガソリンを入れるとなった際、
よりスムーズに動けるので、ぜひ見ておくと
いいですよ^^


で、給油が終わると店員さんが、給油口を
閉めてカギを返してくれる&ガソリン代
教えてくれるので…

カギを受け取って、代金を支払い、
おつりがある場合はソレを受け取れば、
無事、給油は終了

あとは、店員さんに「ありがとうございました」
と伝え、まわりに注意しつつ、ガソリンスタンド
から出発すれば、もうカンペキですね!


続いては、セルフのガソリンスタンド
挑戦する場合の、ガソリンの入れ方についてです^^


スポンサーリンク



次はセルフの場合!原付初心者のガソリンの入れ方!


セルフ方式のスタンドでの、原付への
ガソリンの入れ方は、以下の6ステップ。


  1. エンジンを切り、スタンドを立てる
  2. タッチパネルを操作し、お金を投入
  3. 静電気除去パッドに触れ、ノズルを手に取る
  4. ゆっくりとレバーを引き、給油する
  5. 満タンになったら、ノズルを元に戻す
  6. レシート&おつりを受け取り、給油終了!


こちらも、1ステップずつ
サクサクッ!と見ていきますよ^^


1. エンジンを切り、スタンドを立てる


ガソリンスタンドに入り、給油する
ポイントまで来たら、まずはエンジンを切り
原付から降りて、バイクスタンドを立てます。

ガソリンスタンドは、火気厳禁なので、
原付を停めたら、すぐにエンジンを切るのが、
基本中の基本ですからね^^


2. タッチパネルを操作し、お金を投入


セルフ方式の場合、給油するトコロに
タッチパネル式の機械があるので、そこで、


  • 支払方法 → (ほとんどの場合)現金
  • 油種   → レギュラー
  • 入れる量 → 満タン


を、それぞれ選択し、
その後、お金を機械の中に投入します。

このあたりは、機械の表示&音声案内に
従って操作すれば、迷うこともないので、
安心してくださいね^^


ちなみに、セルフスタンドで給油する様子を
分かりやすく収めた、おすすめの動画
あるので、下の方にご紹介しておきますね。

この動画は、クルマに給油している場面が
映っていますが、それでも給油のイメージを
掴むのには、ピッタリだと思います♪↓



なお、たいていのガソリンスタンドでは、
紙幣投入口しかなく、硬貨は使えない所が
多いので、そこだけは注意が必要です。


それから、ガソリンスタンドによっては
プリペイドカードを買わないと、
給油できないトコロもあったりします。

そんなときは、素直にプリペイドカードを
買うか、スパッ!と頭を切り替えて、
他のガソリンスタンドに向かいましょう♪


このあたりは、普段から車やバイクを
運転している人でも、


「なんだ、このGSはプリペイドカードを
 買わないと、給油できないのか~」



と、給油する直前まで気づかないことも
多々あるので、全然恥ずかしがることは
ありませんよ^^


3. 静電気除去パッドに触れ、ノズルを手に取る


お金を入れたら、「給油を開始して下さい」
いった感じの、音声案内が流れるので…

タッチパネルの近くにある、
静電気除去パッドに触れてから、
ノズルを手に取り、給油をスタートします。


ガソリンスタンドで起きる火災の多くは
意外にも、私たちが持つ「静電気」
原因だったりするので…

静電気除去パッド(シート)には、
面倒くさがらず、必ず触るようにして
くださいね^^


ちなみに、静電気除去パッドという
名前だけ聞くと、触れた時バチッ!
きそうなイメージもありますが…

実際には、そんなことはないので、
どうぞ安心してください♪


なお、原付の給油口がどこにあるのか
などといったことは、先程のフルサービスの
GS編の方で、サラッと触れているので…

そちらもぜひ、参考にしながら
この記事を読み進めてみてくださいね^^


4. ゆっくりとレバーを引き、給油する


ガソリンスタンドのイラスト


給油するときは、ガソリンが外にこぼれない
ように
、ノズルの先っぽをしっかりと給油口の
中に差し込んでから、レバーを引きます。

ただし、ノズルを奥まで差し込みすぎると、
オートストップ機能が働いて、ガソリンが
満タンまで入らない、なんてことになるので…

ガソリンがこぼれる心配もなく、かつ、
ノズルの先っぽが、目視で確認できる位の
位置を自分で見つけるようにするとよいですね^^


それから、原付にガソリンを入れる場合は、
ノズルのレバーは、思い切り引かずに、
軽めに握るようにするのがベスト。

これについては、次のステップで、
くわしく説明しますよ♪


5. 満タンになったら、ノズルを元に戻す


ガソリンが満タンになったら、レバーを
引くのをやめ、ノズルを元あった場所に
戻します

で、給油中、レバーを思い切り引いていると、
場合によっては、ボコボコッ!とガソリンが
タンクから溢れてしまうことがあるんですよね^^;


ですので、給油する時はレバーを優しく
握ると同時に、ガソリンがタンクの
どのあたりまで入っているのか…

自分の目で確認しながら行なうようにすると、
安全ですし、上達も早いですよ^^


6. レシート&おつりを受け取り、給油終了!


お金のイラスト


ノズルを戻すと、自動的に機械から
レシートとおつり(もしくはおつり引換券)が
出てきますので…

それを受け取れば、給油は完了!


おつり引換券が出てきた場合は、
近くに、精算機が別に設置してある
はずなので…

それを見つけて、ついているバーコード
などを機械にかざせば、おつりが出てきます。


ちなみに、セルフのガソリンスタンドにも、
必ず、危険物取扱者の資格を持った店員さんが、
常駐しているので(消防法で定められています)…

分からないことがあれば、質問すれば、
丁寧に教えてくれる場合が、ほとんどです^^


まとめ&さいごに


いかがでしたでしょうか。

今回は、原付初心者のあなたに向けて、
フルサービスとセルフ、2つの
ガソリンスタンドのタイプごとに…

それぞれのスタンドでの、ガソリンの
入れ方
を、1ステップずつ、手順ごとに
分けてご紹介してきました。


最後にもう一度、そのガソリンの
入れ方について、まとめておくと、
こういったカタチになりますね^^


【フルサービスのガソリンスタンドの場合】

  1. 店員さんの案内に従って、原付を停める
  2. エンジンを切り「レギュラー満タンで!」
  3. 給油口を開け、店員さんにカギを渡す
  4. 店員さんからカギを受け取り、お金を払う


【セルフ方式のガソリンスタンドの場合】

  1. エンジンを切り、スタンドを立てる
  2. タッチパネルを操作し、お金を投入
  3. 静電気除去パッドに触れ、ノズルを手に取る
  4. ゆっくりとレバーを引き、給油する
  5. 満タンになったら、ノズルを元に戻す
  6. レシート&おつりを受け取り、給油終了!


で、いきなりセルフのガソリンスタンドで
給油するのも、ダメではないんですが…

個人的にはやっぱり、はじめは一度、
フルサービスのスタンドで、ガソリンを
入れてもらうことをオススメしますね。

その方が、雰囲気もつかめて安心するので、
いざ、セルフGSに行ったとき、
ヘンな緊張もせずに済みますからね^^


今回の記事が、あなたがガソリンを入れる
ときの参考に、少しでもなればうれしいです♪

スポンサーリンク

Pocket

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ