実家に帰省する頻度は?大学生ならコレくらいを目安に!


「大学生が、実家に帰省するペースって、
 一年で、いったいどれくらいなのかな?」


なんて疑問を、抱いてませんか?


カレンダー


大学生になって、親元を離れると、
ことあるごとに両親から、「実家に
帰ってきなさい」
と言われたり…

逆に、そのことを友達に話すと、
「帰省しすぎじゃない?」
ツッコまれてしまったりと、

みんなは実際、どれくらい
頻度で、実家に帰っているのか、
気になっちゃいますよね^^;


そこで今回は、大学生が実家に
帰省する頻度
は、どれくらいが
一般的なのか…

私や、私のまわりの人たちの
経験をふまえながら、ビシッ!
まとめました^^

スポンサーリンク



実家に帰省する頻度は「年1回+α」が基本!


結論からズバッ!と言うと、
大学生が、実家に帰省する頻度は、


「1年に1回プラスアルファ」


が基本。


より具体的には、実家までの所要時間が
2時間以内で、帰省と言うよりはむしろ、


「実家に寄る」


という言葉の方が、しっくりくる
大学生の場合は、数え切れないほど
しょっちゅう。


逆に、帰省するための所要時間が
それ以上で、飛行機や新幹線・電車・
夜行バス・長距離バスなど…

それなりの、移動手段を使わないと、
帰れない人の場合は、お盆などの
夏休み中に、1度帰省する人がほとんどで、


(要するに、日帰りできない距離
 実家があるってことですね!)


さらに、年末年始にも帰省する人が、
2人に1人、さらにさらにGWや春休みにも
帰省する人が、少しいるって感じですかね!


ただし、本人に帰省する気がほとんど
ない場合は、実家までの距離に限らず
お盆か年末年始に、年1回帰省するくらい。

人によっては、大学生活中に実家に
帰ったのは1回だけ、なんてケースも
中にはいましたね^^


スポンサーリンク



帰省するタイミングは、いつが多い?


で、今もチラッと触れましたが、
帰省する時期で、一番多いのが、
お盆を含む、夏休み期間中

次いで、年をまたぐ年末年始
春休みゴールデンウィーク(GW)
その他という順番になっています。

大学生の春休みって、高校生までと
比べて、超長いですからね^^


ちなみに、なぜその時期に帰省するのか、
メジャーな理由としては、


  • 家族・親戚が、一同に集まるのが
    その時期だから

  • シフト制のアルバイトの休みが、
    取りやすいから

  • 友達も、みんな帰省してしまい、
    下宿先に残っていても、ヒマだから


この3つの理由が、ダントツで多かったですね^^


スポンサーリンク



まとめ&実家でやるコトがなくなったらコレ!


今回は、大学生が実家に帰省する頻度
いったいどれくらいなのか、私や私の周りの
人たちの経験を元に、まとめてきました。


最後にもう一度、今回の記事の内容を
ギュッ!と凝縮して、まとめておくと、
こういったカタチになりますね^^


  • 大学生が実家に帰省する頻度は、
    「1年に1回プラスアルファ」が基本

  • 帰省する時期を、多い順に並べると…

    • 夏休み(お盆含む)
    • 年末年始(冬休み中)
    • 春休み
    • ゴールデンウィーク(GW)
    • その他


ちなみに、親の立場からの
意見を聞いてみると、もちろん
人や家庭にもよりますが…

やっぱり、最低でも1年に1回
顔を見せてほしい、という声が
ズバ抜けて多かったですね。


なので、個人的には、
実家が国内にあるなら、お盆と
年末年始の年2回くらいは…

きちんと帰省して、親に顔を見せる&
変わった様子がないか、確認しに行くのが
イチバンな気がしますね^^


ただし、最近では年またぎは下宿先の
友達たちで集まって、年越しパーティー
なんていうケースも多いので…

そう考えると、日帰りできない距離に
実家がある場合は、年末年始の代わりに、
春休みが候補に上がってくる感じですね。


両親に、自分の顔を見せるだけでなく、
地元の幼なじみと再会する、超貴重な
機会になるのが、帰省!


「実家に帰っても、友達に会う以外、
 やることなくて、暇なんだよな~」



という方も、以下の記事を参考に
するなどして、せっかくの帰省を
思い切り楽しんじゃってくださいね♪

実家に帰省すると超退屈!
 大学生にオススメの過ごし方は?


大学生の帰省についてのオススメ関連記事

飛行機大学生が実家に帰省するときに役立つまとめ【4記事】

初めての帰省は不安とまではいかないまでも、色々と気になるコトが多いもの。ココでは、大学生が実家に帰省するときに役立つ記事を、全部で4つまとめてご紹介しています。

スポンサーリンク

Pocket

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ